インプラント

インプラントとは

インプラントとは、失われた歯の変わりに人工的は歯根を埋め込み顎の骨と結合させ、その上から人工歯を被せる歯科治療です。
入れ歯などと違い自分の顎と結合しているので、がたつきや違和感がなく天然の歯と同じような噛み心地になります。

インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込んでいるので、ブリッジのように隣の健康な歯を削る必要がありません。
治療後はしばらくは違和感を感じることもありますが、慣れてくると天然の歯に近い感覚で噛むことができます。
歯冠についても最新の歯科技術によって天然の歯と同じように作ることができ、審美性も追求できます。

治療の流れ

step1 診査・診断
レントゲンなどによる診査・診断を行い、治療計画を立てた上でインプラント治療についてお話しいたします。患者様の納得をいただき治療を進めて行きます。
step2 インプラント埋め込み(手術)
局所麻酔を施し、顎の骨を削りインプラントを埋め込み歯肉を閉じます。
顎の骨とインプラントが結合するまで治療期間(埋入後3~5ヶ月)を設けます。
step3 新しい歯を装着する支台部の埋め込み(手術)
局所麻酔を施し、歯肉を開いてインプラントに支台部を嵌め込みます。
3週間から1ヶ月おいて歯肉の治癒を待ちます。この間、必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活に過ごすことができます。
step4 新しい歯の製作と装着
支台部に合わせて型を取り、型に従って人工の歯を製作します。
人工の歯を支台部に取り付けて完成です。
step5 メンテナンス
治療後はインプラントの形状を理解し、確実なブラッシングを行い歯垢や歯石の沈着を予防します。
また、インプラントは虫歯になりませんが、周囲の歯ぐきに炎症が起きる可能性があります。
歯周病は自覚症状がないことがほとんどで3ヶ月から半年に一度は定期的に検診を受け、診察を専門的なクリーニングを受けましょう。

今月の休診日

ページの先頭へ戻る