予防歯科

「痛くなったら治療」ではなく「予防のために歯科医院へ」

虫歯が痛くなってから歯医医院に行く……という方をよく見かけます。
昔はそれが普通でしたが、今では予防のために歯医者にかかるという時代です。
予防歯科では、口腔内のチェック、虫歯・歯周病・唾液やかみ合わせの検査、定期清掃、歯磨きや食生活の指導などを行います。
また予防歯科は、虫歯や歯周病などの予防だけが目的と思われがちですが、最近では単に歯や歯茎を悪くしないようにするというだけでなくて、病気の進行に応じた処置も含めて、口腔内全体の健康度を増進するということを目指して行われます。
以前は、歯科診療の場では治療での技術及び素材の改善ばかりに目が行き、治療のみを目的として修復で健康を取り戻そうとする流れが主流でしたが、現在では修復した部位での再発や、その他口腔内の諸問題の予防とコントロールの必要性が重要視されるようになってきています。

近年はこの分野の研究が進み、予防を基本とした歯科診療が非常に有効だと考えられています。

PMTC

北欧諸国は予防歯科先進国として知られています。
その北欧で提唱された「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」という、予防歯科の概念があります。

  • P:Professional 専門家(歯科医師・歯科衛生士)により
  • M:Mechanical 専門の機器を利用して
  • T:Tooth 歯を
  • C:Cleaning 磨き上げる

を意味し、その頭文字を取って「PMTC」と呼んでいます。

歯周病の予防と治療のためには、口腔を清潔な状態に保つ事が不可欠です。
しかし毎日欠かさず歯磨きをしても、歯の汚れを完璧に落としてキレイにするのは簡単ではありません。
特に歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)と呼ばれる部分の汚れは、なかなか落とせないのが現実です。
それに対し、PMTCでは専用の機械を使うことによって、歯の表面に付着した茶渋・ヤニなどの着色や歯垢などを除去します。さらに歯周病の原因となる、歯周ポケットのプラークや歯石も併せて除去することで、清潔な歯と歯茎を保ちます。

PMTCの手順

虫歯・歯周病予防のためには、PMTCは不可欠です。PMTCの手順はこちらです。

1.染め出し
▼

2.ペーストを塗布
▼

3.歯と歯の隙間を清掃
▼

4.歯面のクリーニング
▼

5.歯面の艶出し
▼

6.フッ素塗布

今月の休診日

ページの先頭へ戻る